自動車の損害保険には、皆様もご存知だと考えられますが、等級という制度が存在するのです。略さずに書くとノンフリート等級別料率制度という名で、保険の料金に多大に関わっています。等級は、自動車の損害保険加入者の公平さを可能な限り担保することを目的としているので、トラブルを発生させてしまう可能性ないしは、保険を適用される確度が高いと考えられるほど保険の料金が高くなります。その反対にアクシデントを発生させてしまう現実味が少なく、車の損害保険を使うと考えにくい被保険者に関してはリスクの低い保険利用者に違いないと判断されることで、保険の料金が値下げされます。安全運転している利用者の方のほうが優遇される枠組みであるのでトラブルを起こしてしまいやすい人には多少不都合な制度であると考えられます。等級という仕組みは、低リスクの保険利用者と事故の確度が高い利用者の掛金が変わらないとフェアでないと考える利用者が多数を占めるので会社側にとっても経営上のリスクを押えるために必須のシステムだと考えられます。そこで、等級というシステムが詳しくはどのような制度なのか具体的に説明いたします。初めに等級というシステムには1等級?20等級まで定められており、数が増えると保険料が安価になる制度になっていることが重要です。第二に、1等級から3等級の範囲については安価にならずむしろ割高になりトラブルを発生させてしまい自動車損害保険を使用すると3等級引き下げられ、負担がかかる車の保険を支払うことになるのです。最後に、はじめてクルマの損害保険に申請するケースにおいては6等級よりスタートとなり、その時点から自分の数が低くなっていくのか増えていくのかは運転手の手にかかっています。そのため、月々の掛金を抑えたいドライバーはアクシデントを生じさせないように日々安全運転に気をつけるのがまずは一番効率的といえるでしょう。